お役立ち情報

今さら聞けない!給与と給料の違いってなに?

求職者様向け

給与袋とお金のイラスト

今日は待ちに待った給料日!
「○○さん、今月の給与明細を渡しますね。」
今月はいくらかな…、入ったお金で何を買おうかな…、など毎月の楽しみでもありますよね。
そんなときに『そういえば、給与と給料って何が違うのかな?』と思ったことはありませんか?

給与と給料を同じように捉えている方もいるかもしれませんが、実は明確な違いがあるのです!
給与明細は‟ザーッ”と見る程度であまり気にしたことがない、給与は銀行口座に振り込まれる金額だけを見て、給与明細自体は開封すらしない、なんて人もいるかもしれません。

でも、それは一番ダメなパターン…

そこで今回は給与と給料の違いとともに、給与明細で見ておくべきポイントなどをご紹介します。

「給料」ってよく言うけど「給与」とは違うの?

毎月給料日には手渡しまたは銀行振り込みで1ヶ月分の給料が支払われます。実はこれがすでに「給料」ではありません。

給料=基本給

「給料」とは、残業代や各種手当などを引いたもの。つまり正規の勤務時間に対する報酬になります。
アルバイトや正社員のように雇用の形態によっても違いはありますが、時間ごと、日にちごとに働いた分だけもらえるお金のことを「給料」といいます。
給料に関する計算は最初に定められていることが多いので、基本給(つまり給料)が変動することはあまりありません。

もしも自分の給料を問われた場合には、基本給を答えることが正しい回答となります。

「給与」の意味とは?

では「給与」とはどういう意味なのでしょうか?

給与=働いてる会社からもらえるすべてのお金

給与には残業代や手当、ボーナスといったものが含まれます。給与は給料よりも範囲が広く考えられており、会社から受け取る報酬はすべて「給与」と呼ぶことになります。

給与とはお金で受け取るものだけではない

ここで気をつけてもらいたいのが、給与は必ずしもお金で受け取るものだけではないということです。

給与は原則的に現金で支払われますが、労働協定などによっては現物支給が認められる場合があります。例えばボーナスで自社製品が支給される場合などです。
実はこの場合、支給された自社製品は会社から受け取る報酬と捉えられ「給与」に加算されるのです。
支給された物は現物給与と呼ばれ、金銭に換算した金額に対して所得税がかかることになるので注意が必要です。

しかし、永年勤続者の記念品や創業記念品などは課税対象にはなりません。ただし、社内の一部の部署だけで配られる記念品などは課税対象になります。
例えば優秀な成績を残した部署だけに記念品が配られた場合、この記念品の購入金額分は給与に換算され、所得税がかかってしまうというわけです。会社から何かが支給された場合、その物が課税対象であるかは給与明細に必ず記載されます。もらった記念品などは課税対象なのか必ず確認しておきましょう。支給品もあなたの給与の一部かもしれませんよ。

給与明細の正しい見方と注意すべきポイント

みなさんは毎月もらう給与明細をどのように取り扱っていますか?
紙でもらう場合もあればデータでもらう場合もあると思いますが、いずれにせよ重要なのは給与明細の中身によく目を通すことです。

給与明細書のイラスト

給与明細はちゃんと保管しよう

給与明細とは、1ヶ月分の給与と手取り額が記されたものです。
とくに新社会人の方は「もらった給与明細をどう管理していいのか悩む」
なんてことがあるのではないでしょうか。そんな時に捨ててしまうのはNGです。給与明細は前年同月と比較をするためにも、捨てずに保管しておくことが大切です。

給与明細が正確とは限らない

毎月会社から支払われる給与、つまり「手取りのお金」は、本来の給与から社会保険料や税金などを差し引いた上で決定されています。
基本的には会社が正確に計算してくれているはずなのですが、経理担当者も人間です。間違いが起こることも考えられます。

例えば、残業時間の記録が間違っていたり、資格手当をつけ忘れていたり、役職給などが加算されていなかったり、深夜残業が計算されていなかったり…とさまざま。毎月の給与明細をきちんと見ていないと、こうした間違いに気づかず、知らないうちに手取りが減っていて損をしている危険性があります。

なので給与明細を見るときには、基本給に加えて手当などが加算されているかどうか、必ずチェックするようにしましょう。
もし間違いがあった場合には、経理担当者へすぐに伝えましょう。
きちんと対処してもらえるはずです。ただし、報告は速やかにしましょう。何ヶ月もたってからだと恐らく対処はしてもらえないかもしれませんよ。

〈注意するべきポイント〉
・給与明細を受け取ったら、すぐにチェック。
・誤りがあれば即刻、経理担当者に連絡する。

いつか給与明細が必要になる時がくるかも

家計簿や銀行通帳のイラスト

給与明細は年金記録などの確認のためにも必要になることがあります。
年金については「ねんきん定期便」で毎年お知らせが届きますが、転職が多い人などは、その内容が合っているかどうかよくわからなくなることもあるはずです。そんなときに給与明細があると、振り返って調べることができます。
また、年金で「過去に未納分があった」などと確認の連絡が入ることもあります。そのときに、給与明細があれば証明書代わりに使えるので、保管しているといざというときに安心です。
念のため、毎年もらえる源泉徴収票も一緒に保管しておくことがおすすめです。

最後に

これまで給与と給料の違いと、給与明細についてお話しさせていただきました。
1年前の給与明細があれば、ぜひ見比べてみてください。
所得税や社会保険料が増加しているなど、意外な変化に気づくかもしれません。忙しい毎日のなかで、ついつい雑に扱ってしまいがちですが、自分の本当の給与がいくらなのか、税金や保険そして年金をいくら支払っているのか、といったのを今一度確認してみてください。

 

作成者 篠田博徳

 

この記事を書いた人
篠田 博徳
群馬県高崎市出身。2015年入社。南部地区担当。
雇用に対する疑問に思う所、不思議に思う所をわかりやすく伝えられるブログを発信していきます。
※バイトル・バイトルNEXTはディップ株式会社の登録商標です
ページの先頭へ